ブラックOKの消費者金融って本当にあるの?

  • ブラックでも即日キャッシングできる?
  • ブラックOKって安全?
  • 即日キャッシング可能なカードローンは?

ブラックOK、即日キャッシングできる消費者金融はあるのでしょうか?

そもそもブラックとはどのような状態のことで、どういった理由でブラックになり、どうしたらブラックの状態から回復するのかを、この記事で紹介します。

ブラックOK消費者金融一覧

ブラックOKなお金を融資してくれる消費者金融は実在しており、闇金でなくても融資することが出来ます。

ブラックでの融資も可能な、一般的に「街金」と呼ばれる中小消費者金融を紹介して行きます。

テンプレ業者

・ アイアム(審査時間が早く融資枠も大きい)
・ アスカキャッシング(即日融資可能 来店不要)
・ アルコシステム(審査スピード早い、即日融資可能、債務整理後でも融資)
・ アレックス(規模が小さい為審査スピードが少し遅い場合あり、その分審査は甘い)
・ アロー(債務整理後でもOK、長い返済周期にも対応)
・ いつも (四国にある業者。LINEでやりとりすると早い)
・ AZ(口コミでは神金融とまで言われているほど審査が甘い、多重債務者にも融資)
・ エイワ(昔に比べ審査が厳しくなったという口コミあり、説教されるが審査は甘い)
・ キャネット(系列の中でも北キャネットが審査が甘いらしい、在籍確認なしの場合あり)
・ 関東信販(審査はかなり甘いが社会保険証を持っている事が条件)
・ スペース(増枠までの期間が短い、審査は慎重で色々と聞かれるがその分審査は激甘)
・ セントラル (最近、東京に進出。カードがセブン銀行ATMで使用可能)
・ 田中商事(東京23区限定、審査は甘い)
・ ニチデン(自営業やアルバイトでも借りられる、ブラックの人は?)
・ ハローハッピー(自己破産者や多重債務者でも融資可能)
・ ビアイジ(地域限定、来店以外は融資までに多少時間がかかる)
・ 東日本信販(債務整理後でブラック方にお勧め)
・ フク ホ-(以前に比べ審査が厳しくなったという噂も・・)
・ フタバ(理由がわからず大手ブラックでも借りられる消費者金融に落ちた方にお勧め)
・ もみじファイナンス(独自審査で激甘融資)
・ ライオンズリース(即日融資可能、基本少額融資、ブラックOK)

…等々ヤミ金はスレチです( ´・ω・)

引用:2ちゃんねる(現5ちゃんねる)

廃業したり、審査基準が変更されたり、などでテンプレも移り変わりがありますが、どこもお金借りれない、どこも貸してくれないときにも頼りになるのは長らく営業している、堅実な地方の街金ばかりが並んでいるような印象があります。

ブラックOKの融資できる会社でおすすめな消費者金融

ここではブラックOKの融資ができる街金・中小消費者金融をブラックでも借りられる2ch情報も織り交ぜながら、実際の評価が高い会社を紹介します。

ブラックの人も、借入件数が少ない人は下記の金融機関から借りると良いです。借入件数が多い人はブラックOKの消費者金融一覧から複数申込みしてみると良いでしょう。

ブラックOKな消費者金融&即日融資可能なキャッシング情報

中小消費者金融で「即日融資」というのは非常に難しいですが、口コミで複数の即日融資情報がありました。

即日融資を受けるためには以下の条件のどちらかになります。

  • 午前中申込み → 書類がすぐに提出できる
  • 来店して資金を受け取る

即日融資できた口コミ情報は以下の中小消費者金融になります。

消費者金融実質年率利用限度額
キャレント7.8%~18.0%1万円~500万円
フクホー7.3%~20.0%200万円まで
アロー15.00%~19.94%200万円
セントラル4.8%~18.0%1万円~300万円
プラン15.0%~20.0%1万円~50万円
スカイオフィス15.0%~20.0%1万円~50万円
ニチデン7.3%~17.52%50万円
ユーファイナンス7.3%~15.0%最高700万
中央リテール10.95%~13.0%500万円
いつも7.0%~18.0%50万円まで
ライフティ8.0%~20.0%1,000円~500万円
ハローハッピー10.0%~18.0%50万円
アルク10.0%~18.0%50万円まで
ユニーファイナンス12.00%~17.95%1万円~300万円
フタバ14.959%~17.950%50万円まで
アルコシステム10.950%~20.000%50万円
エース7.0%~20.0%1万円~100万円

その日の忙しさや審査状況、担当によって対応が変わる可能性があるので、どうしても即日融資が必要な場合は担当に確認するようにしましょう。

ブラックOKな金融事故とはどんな事故?

ブラックリスト、いわゆる金融事故とは、簡単に言ってしまうと「融資を受けた際に、著しく信用を傷つける行為をした」場合を言います。

一般的にはキャッシングやクレジットカードの利用などで、返済金を払わなかったり、支払日に返済ができないことが続いたり、大幅に返済が遅れたりすると、信用情報機関に「正常に返済ができなかった」という事実が登録されます。

これが事故情報で、いわゆる金融事故としてブラックとなってしまいます。

具体的には以下のようなものが金融事故として挙げられます。

延滞

延滞とは契約した返済期限までに返済を行わないことをいいます。

もちろん一日遅れただけでも問題ではありますが、2か月以上(61日以上)の延滞のある場合、信用情報機関に遅延が登録されます。

債務整理

債務整理とは借金の額を減らし、重い金利負担から解放される手続きのことです。

債務整理には4つの種類があります。

  1. 過払い金返還請求
  2. 任意整理
  3. 自己破産
  4. 個人再生

1の過払い金請求を除いた残り3つが金融事故となります。

代位弁済

大便返済とは住宅ローンのように、保証会社を付けることを要求されているローンの場合に生じる可能性のある金融事故で、融資をしている金融会社が、借り入れをした債務者ではなく、契約している保証会社に一括返済を求めて返済を受けた状態のことです。

この場合、金融機関に対する債務はなくなりますが、保証会社への債務は残ります。

ブラックOKなのかまずは個人信用情報を調べてみよう

超ブラックな人は中小消費者金融でもお金を借りることが出来ないかもしれません。

それを知らずに2件3件と申し込んでいくと申し込みブラックになってしまう可能性も。

そこでブラックOKなのかまずは個人信用情報を調べてみましょう。自分の個人信用情報を調べる方法として情報開示方法は3つあります。

  1. 窓口開示
  2. インターネット開示
  3. 郵送開示

また、開示手続きにあたっては以下が必要となります。

  • 信用情報開示申込書(申込者本人用)
  • 開示手数料
  • 本人確認資料

開示の方法を、各機関ごとの方法を簡単な表にまとめてみました。

機関名開示方法手数料受付日時
CICインターネット1,000円(クレジット決済のみ)8:00~21:45
郵送1,000円(定額小為替証書)
窓口500円(現金)平日10:00~16:00
(12:00~13:00を除く)
JICCスマートフォン(アプリ)1,000円メンテナンス時を除く
(開示結果は郵送)
郵送1,000円(定額小為替証書かクレジット決済)
窓口500円(現金)平日10:00~16:00
JBA郵送1,000円(定額小為替証書)

金融ブラックの種類

  • 61日以上の延滞(長期延滞)
  • 申込ブラック
  • 任意整理
  • 個人再生
  • 特定調停
  • 自己破産

金融ブラックは、カードなどの支払いが61日以上延滞した「長期延滞」や、1ヶ月以内に3社以上申込みをした「申込ブラック」も含まれます。

申込ブラックは通常、6ヶ月経つと履歴が消え、再度クレジットカードなどの申込みをすることが出来ます。

その他任意整理や自己破産などのブラック情報は5年~10年で消えますが、「社内ブラック」と呼ばれる、金融事故を起こした会社では、10年以上経っても再度申込むことは出来ません。

ブラックOK = 違法な貸金(闇金)という意味ではない

ブラックOKと聞くと「違法な貸金(闇金)」をイメージする人も多いですが、ここで断っておくべきなのが、今回は便宜上審査が甘い金融会社と書いていますが、中小消費者金融会社の審査も決して激甘というわけでありません。

通常の審査基準とは異なるために中小消費者金融会社業者によっては。

  • 審査が甘い(大手で落ちた人から言われている)
  • スピード審査
  • ブラックにも融資実績がある

などと言われているだけで、決して「どんな危ない人でも絶対に貸すよ」ということではないのです。どんな危ない人でも絶対に貸すよなどという金融業者はハッキリ言ってヤミ金しかありません。

ですから、中小の金融会社は、審査能力が甘いというよりは審査方法が独自であると言った方が、より真実の姿を表現しているといえます。

申し込みブラックは融資を受けられないので注意

明確な基準はありませんが、1か月以内に3社以上の金融機関に申し込みしている場合、審査担当者に申し込みブラックとして扱われる可能性が高いです。

1か月以内に3社以上の金融機関に申し込みしている人は、自身が申し込みブラックであることを疑ったほうが良いでしょう。

なお、半年経過すると金融機関の申込履歴は削除されるため、半年たてば申し込みブラックは、融資を受けられる可能性があります。

申し込みブラックでも借りたいという人は以下の記事を参考にして下さい。

申し込みブラックでも借りれる銀行・消費者金融は?

虚偽申告をしてもすぐにブラックだとバレる

即日融資を受けたいブラック中には「すぐに借りたいから返済トラブルを隠して金融機関に申し込もう」と考える方がいます。

しかしカードローンやクレジットカードのキャッシング審査通過のために
ブラックだと隠して申込情報の嘘をつくことは無意味です。

過去の返済トラブルや他社借入状況に関する虚偽申告は、カードローンやクレジットカードのキャッシング審査担当者にバレてしまいます。
返済トラブルや他社借入状況などの情報は、個人信用情報機関に信用情報として履歴が残っているからです。
カードローンやクレジットカードのキャッシング審査では、申込者の信用情報が調査されます。

申込情報と信用情報に違いがあれば、審査担当者は「嘘をついている」と判断するため、
カードローンやクレジットカードのキャッシング審査に通りません。

またカードローンやクレジットカードに嘘をついて申し込んだ場合詐欺未遂や文章偽造の罪に問われる可能性があります。

そのため、即日融資を受けたいブラックの人は、カードローンやクレジットカードに嘘をついて申し込むのは絶対にやめましょう。

ブラックOKな消費者金融以外にお金を借りる方法

ブラックOKな消費者金融以外にお金を借りる方法をいくつかご紹介していきたいと思います。

国や市、自治体の援助はブラックOK

国や市、自治体などが支援する、以下のような公的融資制度があります。

  • 年金担保貸付
  • 生活福祉金貸付制度
  • 母子父子寡婦福祉資金貸付制度
  • 国の教育ローン
  • 求職者支援資金融資制度

公的融資の場合、申請してから実際に融資されるまでに時間がかかるため、即日融資とならない点は残念ですが、生活に困った方を支援する制度でもあるため、利息はとても低く、無利子のものも多くなっています。

本当にお金に困った場合は市役所や区役所などで相談してみるといいでしょう。

社会福祉協議会で借金するにはデメリットも

お金を借りられるからといっても、借りたお金を借金の返済に使うことはできません。また、医療費に充てられた場合には領収書を提出する必要があります。
さらに、実際にお金が借りられるまでは最短でも5営業日(土日除く)かかり、民間のキャッシング業者のように即日貸してくれるわけではないため注意が必要です。

質屋の利用はブラックOK

ブラックでも借りれる代表的な方法といえば、質屋を利用するのも手です。

質屋での借入の最大のメリットは、資産に価値さえあれば、本人審査はなく、ブラックリスト入している人でも借りれるところです。

ただし、質屋は貸金業者ではありません。そのため、貸金業法の適用を受けないため、最大109.5%の年利がかかります。

しかし、実際には質屋は月利3~8%程度で運営しているところも多く、年利30%程度が相場と言われています。

それでも、金融機関の利息に比べればかなり割高になります。

生命保険貸付もブラックOK

超ブラックでも借りるなら生命保険貸付を利用するのも手です。

ブラックでも借りれる対策として積立型の生命保険をかけている場合、解約返戻金を担保にお金を借りることができます。

積立型の生命保険とは、養老保険、学資保険、終身保険などです。解約返戻金とは、保険を解約した場合に受け取れる返戻金のことで、中途解約した場合でも受け取れます。

その返戻金70~90%を貸付金として融資を受けることができます。

融資スピードは各保険会社によってまちまちですが、ホームページからの申込で最短即日入金してもらえるところもあります。

ブラックOKだけどおすすめできないところ

ここから下はブラックOKだけどおすすめできないグレーな方法となっています。注意喚起の意味で書きましたが、推奨していないので決して手を出さないようにして下さい。

ブラックOKだけどおすすめできないクレジットカード現金化

短期間でお金を稼ぐ方法としてクレジットカード現金化ならすぐに現金を手に入れることができます。

クレジットカードのショッピング枠を使って、換金率の高い商品やギフト券を購入し、業者に売ることで現金を手に入れることができるという仕組みです。

中には即金で振り込みに対応している業者もあるので、手早く現金を稼ぎたい人にはおすすめです。

ただしクレジットカードの現金化は、各カード会社の規約によっては禁じられており、ばれてしまえれば即時に契約解除となる恐れがあります。

そのためクレジットカードの現金化を行うには、最悪の場合クレジットカードが使えなくなることも覚悟しておきましょう。

絶対借りれる個人融資もブラックOKだけどおすすめできない

こちらはお金の貸し借りの部類となりますが個人融資とは掲示板やSNSを通して、個人から現金を借りるやり方です。

実際に個人融資で検索してみると、多くの個人融資掲示板が表示されるようになっています。

またTwitterなどのSNSでも、個人融資で貸し付けを行っている人たちを探すことができます。

しかし個人融資の場合、正規の金融機関から借りるよりも断然金利は高く、中には闇金が紛れ込んでいる可能性もあります。

軽い気持ちでお金を借りると、人生を狂わすことになりかねないので、借り入れ先は慎重に選ぶようにしましょう。

ブラックでも借りれる金融機関極甘審査ファイナンス=ソフト闇金の可能性あり

金融機関は審査を義務付けられていますが、ただ審査を行えば良いというものでもありません。

審査なしの闇金業者以外で、審査が甘いところに申し込もうと思っていませんか?

実は、"審査が甘い・ゆるい極甘審査ファイナンス"と記載している金融業者は危険だと言えます。

審査が甘いというのも、一般の金融機関で借りられない人への誘い口です。

誰でも通してしまう審査の甘さは、審査がないのとかわりありません。
一見、審査があるように見せかけて、実態は審査なしで貸し出していることも考えられるのです。これらもまた闇金業者の可能性が否めないため、注意が必要なのです。

闇金業者は違法な業者です。ここから一旦借りてしまうと、思いもよらないトラブルに巻き込まれてしまいます。

極甘審査の言葉に騙されて法外な金利を設定されてしまうかも

闇金は、まず容易に借り入れができることを匂わせてお金を貸します。
その後、高い金利を設定して、多額の利息を奪い取るのです。

この金利は普通の人がとてもでないが返せない設定であり、一旦借りてしまうと完済できなくなってしまうのです。

一般的な金融機関は利息制限法と法律により、設定して良い金利が決められています。

  • 10万円未満で年率20%
  • 10万以上で年率18%

となっているので、これを超える金利の業者には注意してください。

延滞や多重債務でもブラックOK!方法を選べば現金は借りれる

  • 年金担保貸付
  • 生活福祉金貸付制度
  • 母子父子寡婦福祉資金貸付制度
  • 国の教育ローン
  • 求職者支援資金融資制度

延滞やブラックだともうどこからも現金を借りれないと思ってませんか?

確かに、銀行や大手の消費者金融ではお金を借りることは難しくても、中小のキャッシング・カードローン・消費者金融ならブラックOKでお金を借りれる可能性があるのです。

銀行はもちろん、大手の消費者金融もほとんどが銀行がバックについているので、延滞履歴やブラックリストに載った債務者には審査が降りないことが多いのです。

ですが、中小のキャッシング・カードローン・消費者金融会社は、大手がなかなか貸しづらいそうした方にも積極的に融資しようとする会社がいくつかあります。

10万円今すぐ現金が必要!と言う場合はブランド品を売却してしまう必要もありません。アダルト要素の強い仕事をする必要もありません。

申し込んだその日のうちに借りることができる消費者金融なら、1日で5万円から30万円程度のお金を借りることが中小消費者金融でも可能です。

ブラックでも借りれるの記事一覧