昨今の情勢で審査殺到中!借りれなくなる前にお早めに!

↓↓成約率で選ぶならこちら!今一番熱い消費者金融↓↓

ぽちスマ君

あわせて読みたい
ブラックでも借りれる

どこもお金借りれない、どこも貸してくれない

どこもお金借りれない人が借りれるようになるには?この記事ではどこもお金借りれない、どこも貸してくれない可能性のある消費者金融とどこもお金借りれない人への対策法を項目別にご紹介しています。

希望通りにお金を借りれるようにする為に、どこもお金借りれない原因に応じた対策を取っていきましょう。

どこもお金借りれない、どこも貸してくれない時はどうしたらいい?

どこもお金借りれない、どこも貸してくれないようになるには。

  • 申し込みブラックでどこもお金借りれない
  • 総量規制オーバーでどこもお金借りれない
  • 他社借入件数が多すぎてどこもお金借りれない
  • 他社返済状況が悪くてどこもお金借りれない
  • 金融事故起こしてどこもお金借りれない

このような人がカードローンやキャッシングで借りれる為に一番重要なことは、どの会社に申し込むかだけでなく、どうしてどこもお金借りれないのか原因を知ることが大切です。

そこでこの記事では

  • キャッシング・消費者金融のどこもお金借りれない、どこも貸してくれない時に可能性のあるおすすめ消費者金融
  • 金融事故者でもお金を借りれる方法

などをサイト内にて分かりやすく情報をまとめてみました。

どこもお金借りれない人は借りれる条件(貸付条件)を確認しよう

どこもお金借りれない人は借りれる条件(貸付条件)を確認しましょう。基本的に金融機関からお金を借りるには、その金融機関が求めている条件に適合しなければいくら申し込んでも借りれることはありません。

銀行カードローンや消費者金融からお金を借りれるようにする為には、雇用形態はパート収入やアルバイト収入でも問題はないとしても

  1. 継続して同じところで仕事をしていること
  2. 安定した収入があること

これらが最も重要なのです。

ここからはどこもお金借りれない人の原因と、どこも貸してくれない時の対策法をまとめていきたいと思います。
どこもお金借りれない原因に該当していないかチェックしてみてくださいね。

どこもお金借りれない原因①他社借入件数が多い

どこもお金借りれない、どこも貸してくれない原因はもしかしたらあなたの他社借入件数が多いことにあるかもしれません。

正規の貸金業者は自主規制基準を作成しなければなりません。

日本貸金業協会が求める自主規制基準は単なるガイドラインではなく、ある意味貸金業者の法律と言っても過言ではないのです。

ちなみに大手消費者金融は他社借入件数が3件以上あると契約しない旨を定めていることが多いです。

他社借入件数が原因でどこもお金借りれない人が借りれるには?

他社借入件数が原因でどこもお金借りれない人が借りれるには?

カードローン契約は無担保無保証ですから、信用力のない人と契約するのは貸し倒れリスクが高くなってしまい金融機関にとって歓迎できない状況と判断されてしまいます。

更に大手消費者金融ほど借入件数を3件までと定めているところが多いので、総量規制をオーバーしてはいないが借入件数が多い人は、中小の消費者金融に申し込むと10万円程度の金額なら借りれる可能性があります。

どこもお金借りれない原因②総量規制いっぱいまで借りている

どこもお金借りれない、どこも貸してくれない原因として、消費者金融の貸し出しは総量規制対象となり、消費者金融は無担保無保証で個人に貸し付けることができる上限額を年収の1/3までと制限しています。

したがってお金を借りたいと思っても、すでに借りている金額が年収の3分の1に達しているとそれ以上借りれないのです。

年収300万円なら借入上限額は100万円と、このように総量規制オーバーが原因でどこもお金借りれない人も多いのです。

総量規制が原因でどこもお金借りれない人は?

総量規制オーバーでどこもお金借りれない人がお金を借りれるようにするには、総量規制の例外貸付を採用している消費者金融に申し込むか、総量規制の対象貸付とならない銀行カードローンに申し込む方法があります。

しかし銀行カードローンは2018年以降、過剰貸付問題が社会問題化しているため、消費者金融と同じように年収の1/3までを貸付上限と定めている銀行が増えていきてます。

そうなると総量規制オーバーでどこもお金借りれない人がお金を借りれるようにするためには、消費者金融が行っている緊急貸付や夫婦の年収を合算して総量規制額を求める配偶者貸付を採用しているところに申し込みしなければなりません。

どこもお金借りれない原因③申し込みブラックになっている

どこもお金借りれない、どこも貸してくれない原因として申し込みブラックとは簡単に言えば、短期間の間に3件から4件の金融機関に借入申込をすることを指します。

信用情報機関に登録されるのは個人情報以外にも申し込みに関する情報も登録されます。

  • いつ金融機関に借り入れを申し込んだのか
  • その結果は契約したのかそれとも契約不成立だったのか

これらの情報も登録されてしまいます。

そしてどこもお金借りれない人の中には、どこもお金借りれないからと言って次から次へと金融機関に連続して申し込んでしまう人が多いです。

どこもお金借りれない人が借りれるには?

申込情報が登録されるのは6カ月間だけで、その後は削除されます。

ですから一度借り入れ審査に落ちてしまったら、次回の申し込みは6カ月後にしましょう。
すると意外に申し込みブラックでも借りれることもありますよ。

どこもお金借りれない原因④常に限度額一杯で返済状況が悪い

どこもお金借りれない、どこも貸してくれない原因として銀行カードローンや消費者金融に申し込む際に他社借入がないのなら問題はありませんが、どこもお金借りれない人は他社借入がある場合がほとんどです。

カードローンの審査は総量規制や他社借入金額の他にも他社返済状況が良好なのか、それとも悪いのかも借りれるには大きな判断材料となります。

借入件数が多くなってしまったり、返済額が多くなってしまうと、お金の回しが厳しくなりますよね。

そうなると必然的に借金を借金で返す、"まわし返済"を行うようになってしまいます。

まわし返済行っていて常に利用限度額いっぱいまで借入残高があると、きちんと返済してくれるのか怪しいと金融機関が判断してしまうのです。

返済状況が悪くてどこもお金借りれない人はいくら審査基準が比較的柔軟な中小の消費者金融に申し込んでも借りれることは難しいです。

Wワークや在宅ワークなど副業しながら他社借入残高を順調に少なくしてからもう一度申し込みをするなど、なんらかの対策するようにしましょう。

どこもお金借りれない原因⑤金融事故を起こしてブラックになった

どこもお金借りれないどこも貸してくれない原因として金融事故を起こしてブラックになった可能性があります。金融事故とは過去5年から10年の間に、カードローンだけでなく各種ローンの返済を3カ月以上滞納すること、または自己破産を含めた債務整理をした人のことを言います。

  • 3ヶ月以上の延滞
  • 個人再生
  • 任意整理
  • 特定調停
  • 自己破産

審査が厳しい銀行カードローンや大手消費者金融はこれらの金融事故を起こした人にお金を貸し出すことはありません。

なぜなら一度金融事故を起こした人はリスクの高い人と見なされてしまうからです。

金融事故を起こしてどこもお金借りれない人が借りれるには?

金融事故を起こしてどこもお金借りれない人が借りれるには銀行やクレジットカード会社・消費者金融などは、それぞれが加盟している信用情報機関があります。

いわゆる、ブラックリストと呼ばれているものですね。

各機関の情報記録期間や、情報がどのように扱われているのかをしっかり確認しておきましょう。

全国銀行個人信用情報センター(KSC)最長10年で削除
CIC最長5年で削除
JICC最長5年で削除

このように「CIC」や「JICC」なら、破産情報は5年で消去されます。例えば、破産免責後5年以上が経ち、クレジットカードやローンを利用したいと考えたとしましょう。

その時、プロミスやアイフルなどの「CIC」や「JICC」の情報だけを参照する会社を選択すれば、借入できる確率がぐんとアップするということ。

ただし金融事故を起こしたためにどこもお金借りれない人が銀行カードローンや大手消費者金融でほぼ借りれるようになるには、過去5年から10年の間に金融事故起こしても、現在は借金がゼロになっていることが条件です。

どこも貸してくれないなら最後の砦は中小消費者金融

金融事故から5年経過していない場合、個人再生や任意整理などの債務整理をしたり債務整理中だと、銀行や大手の消費者金融では基本的にお金を借りることができません。

ですが、積極的に融資を行う中小のキャッシング・消費者金融会社なら審査に通りお金を借りれる可能性があります。

今まで通り仕事をしており、収入もきちんとある、家計収支状況もすこぶる宜しいとなれば中小金融会社は返済能力が十分にあると判断するからです。

さすがに初回で大金を借りれることはありませんが、まずは10万円以下の金額で実績を作り、毎月きちんと返済することが認められれば徐々に利用限度額を上げてもらうこともできます。

超ブラックでも借りれるからと闇金に走る前に、中小の消費者金融と相談してはいかがでしょうか。

なお、今回ご紹介する会社・サービスは、全て

  • 担保・保証人不要
  • WEB申込で来店不要
  • 24時間対応で即日対応可

というブラックOKと使いやすい特徴を持っています。

どこも貸してくれない時に可能性のあるおすすめ消費者金融「ライオンズリース」

どこも貸してくれない時に可能性のあるおすすめ消費者金融として評判なのがライオンズリース。名古屋で営業している金融業者で、「ブラックでも借りられた」「大手に否決後借りられた」「任意整理中でも借りられた」と言った審査の甘さを評価する声も多い傾向があります。

ただし初回融資は5~10万円の小口融資が殆どで、融資は最初の申し込み時の1回のみとなっています。

追加融資を希望される方は、6回目の返済以降が追加融資のめどになると言われていますのでまずは半年間返済して信用をつけましょう。

どこも貸してくれない時に可能性のあるおすすめ消費者金融「アロー」

どこも貸してくれない時に可能性のあるおすすめ消費者金融として有名なアローは、名古屋市内にある消費者金融です。

「融資までの時間が短い」「貸し付け金額が大きい」「対応が良い(良心的)」という声も目立ちますが、アローは過去の金融事故には寛大ですが、現在の延滞には厳しいです。

他の会社への返済を延滞中の方は先に延滞を解消してから申し込むようにしましょう。

どこも貸してくれない時に可能性のあるおすすめ消費者金融「キャネット」

どこも貸してくれない時に可能性のあるおすすめ消費者金融がキャネット。

キャネットは北海道、近畿、九州で営業している会社です。延滞中でも融資可能との噂もあるほど、最も審査が甘い金融業者の1つと言われています。

口コミでは「債務整理中でも可決してもらえた」「甘いと言われるよその金融業者に断られてもキャネットは可決してくれた」などと言う声が目立ちます。

どこも貸してくれない時に可能性のあるおすすめ消費者金融「AZ株式会社」(旧:ケンファイナンス)

どこも貸してくれない時に可能性のあるおすすめ消費者金融だったという声が聞こえるのが、AZ株式会社。

「債務整理中でも可決」「破産から6か月で可決」「融資までのスピードが速い」などの柔軟な対応を評価する声が目立ちました。

公式サイトでは「過去に債務整理をしているが大丈夫か」との問いに対して「大丈夫です」と返答していることから、金融事故を起こした方へも柔軟な対応をしていることが分かります。

この会社は旧バルファイナンスから債権譲渡され設立されたのですが、元々金融事故を起こした方や破産者にも柔軟に対応することで知られた会社だったので、その社風が引き継がれているのでしょう。

どこも貸してくれない時に可能性のあるおすすめ消費者金融「アルコシステム」

どこも貸してくれない時に可能性のあるおすすめ消費者金融との声が多かったのがアルコシステム。「破産から2年で可決」「免責から1か月で可決」と言った、金融事故を起こした方への柔軟な対応を喜ぶ声が目立ちました。

振込キャッシングの老舗としても有名で、公式サイトには「民事再生 自己破産、債務整理された方好評受付中」との記載があります。

ただし健康保険に未加入の方や、現在延滞中の方、未成年者は否決されるので注意しましょう。

それぞれの口コミは「ブラックでも借りられる2ch」の記事でまとめているので参考にして下さい。

街金でもどこもお金借りれないときは?

どこもお金借りれないなら、審査に通らなかった業者よりも甘い審査基準の業者に再度申し込むことです。

大手キャッシング会社はどこも審査基準が厳しいので、そこで通らなかった人でも、もっと小規模の個人向け金融会社なら融資してもらえることが多いのです。

どこもお金借りれないならおまとめローンを利用する

「おまとめローン」とは複数の会社からキャッシングしている場合にそれらを全部1社にひとまとめにすることです。

「借金をまとめたいんじゃないんだ!もっと借りる必要があるんだ」という声が聞こえてきそうですが、おまとめローンのいいところは、新たに借りる分を含めておまとめできるという点なんです。

無審査キャッシングは最後の手

どこもお金借りれない、どこも貸してくれない。最後に残された道は、まったく審査がないキャッシングです。

しかし、まったく審査しないでお金を貸すところはありません。
親や兄弟にお金を借りる場合でも、「何に使うのだ?なぜお金がないのだ?いつ返すのだ?」と聞かれます。

なのに知らない人が何も聞かずに何も調べずにお金を貸してくれることなどありえません。

ところが本当に無審査でお金を得る方法があるのです。

「絶対貸してくれる消費者金融」と検索すると、「ブラックの方でも100%融資!」「多額の借金が合っても即日融資可能」とWEBサイトでうたっている消費者金融があります。

しかし、こういった広告を打ち出している消費者金融はほとんど闇金なので注意しましょう。

闇金の誇大広告の文言例

ただし、金融機関自らがブラックOKと言うことを主張することは絶対にありません。他にも以下のような文言は使用が制限されています。

  • 無条件融資
  • どこよりも簡単
  • 極甘審査ファイナンス

これは法律で決められていることなので、もし破っている業者があれば、その時点で違法な業者だということが分かります。

このような文言が入っている広告は誇大広告にあたり、貸金業法に違反します。

貸金業者は、その貸金業の業務に関して広告又は勧誘をするときは、貸付けの利率その他の貸付けの条件について、著しく事実に相違する表示若しくは説明をし、又は実際のものよりも著しく有利であると人を誤認させるような表示若しくは説明をしてはならない。

貸金業法第16条を一部抜粋

正規の消費者金融であれば、貸金業法に違反する誇大広告をすることはありません。そのため、誇大広告をしている消費者金融は高額な利子でお金を貸し付ける闇金なのでどこもお金借りれないどこも貸してくれない人は絶対に利用しないようにしましょう。

審査なし・闇金に引っ掛かる前にどこもお金借りれない原因を知ろう(まとめ)

どこもお金借りれない理由は人それぞれですよね。

  • 申し込みブラックとなってどこもお金借りれない
  • 総量規制オーバーでどこもお金借りれない
  • 他社借入件数が多すぎてどこもお金借りれない
  • 他社返済状況が悪くてどこもお金借りれない
  • 金融事故起こしてどこもお金借りれない

ですがどこもお金借りれないと嘆く前に、どうしてどこもお金借りれないのか原因を確かめ、原因によって申し込む消費者金融を選べば、お金を借りれることはそう難しくありません。

希望通りにお金を借りれるようにする為に、漫然と銀行カードローンや消費者金融に申し込むのではなく、どこもお金借りれないどこも貸してくれない原因に応じた対策を取っていきましょう。