ブラックでも借りれる

審査がどこも通らないが貸してくれるローン会社は?

審査がどこも通らないが貸してくれるローン会社は?金融ブラック状態だから、大手の審査に通らない。でも、どうしてもお金借りたい!そんなあなたでも、利用できる可能性があるのが「街金」。

一般的に街金とはアコムやプロミス、アイフルなどの大手金融機関に対し、地域に根差した中小消費者金融のことを指します。

街金は全国各地に多数存在しますが、中でも利用者からの評判の良いものは「金融ブラック状態、かつ多重債務者でも貸してもらえた!」といったレビューが多数寄せられていたりするのです。

このように、大手の審査に到底通過できない状況であっても、街金を狙えば必要なお金を調達できることがあるのですね。

そこで今回の記事は金融ブラック状態、あるいは大手の審査に軒並み落ちてしまいお困りのあなたに向けて。

  • はじめての街金におすすめの会社
  • ブラックOKかつ多重債務者でも利用できるおまとめ先
  • 何としても審査に通過したい場合に選ぶべき会社

などを詳しくまとめてみました。

広告をバンバン打っている大手消費者金融や銀行カードローンよりも、無名に近いキャッシング会社のほうが超ブラックでも借りれる(正確には独自審査で柔軟な対応をしてもらえる)のは確実です。

審査で迷っている人はこのサイトで紹介しているキャッシング会社を利用してみるとよいでしょう。

審査がどこも通らないが貸してくれるローン会社でも無職は審査に通らない

このページで紹介する審査がどこも通らないが貸してくれるローン会社でも、多重債務やブラック状態の人にも貸し付けを行っていますが、ほぼ借りれるといっても融資の前の審査は必ず行われます。

そのため無職や収入がほぼ無い人は、融資を受けることはできません。当サイトの方針としても、ここで紹介した消費者金融の審査に落ちる方は、業者からお金を借りることはおすすめしません。

債務整理や生活保護など、借金以外でお金を工面する方法を検討してください。

働いているのに通らないなら、ブラックの可能性

審査がどこも通らないが貸してくれるローン会社といっても長期の返済滞納や任意整理、自己破産など金融事故を起こしてしまうと銀行や大手消費者金融の借入審査に通ることはありません。

しかも金融事故情報は5年から10年の長きにわたって登録されてしまいるので、その間はお金に関する契約を一切することができないのです。(申し込みブラックでも借りれるのは半年掛かる)

しかし中小の消費者金融や街金は例え金融事故を起こしていたとしても、相談の内容によって少額なら借入することが可能です。

これを審査甘いと言わずして何というのでしょうか。借りた後にきちんと返済すれば増額することさえも可能になるのが良いところですね。

審査がどこも通らないが貸してくれるローン会社・金融機関はどこ?

審査がどこも通らないが貸してくれるローン会社・金融機関はどこ?

なお、今回ご紹介する会社・サービスは、全てどこもお金借りれない人の為に。

  • 担保・保証人不要
  • WEB申込で来店不要
  • 24時間対応で即日対応可

という使いやすい特徴を持っています。

審査がどこも通らないが貸してくれるローン会社「ライオンズリース」

審査がどこも通らないが貸してくれるローン会社として評判なのがライオンズリース。名古屋で営業している金融業者で、「ブラックでも借りられた」「大手に否決後借りられた」「任意整理中でも借りられた」と言った審査の甘さを評価する声も多い傾向があります。

ただし初回融資は5~10万円の小口融資が殆どで、融資は最初の申し込み時の1回のみとなっています。

追加融資を希望される方は、6回目の返済以降が追加融資のめどになると言われていますのでまずは半年間返済して信用をつけましょう。

審査がどこも通らないが貸してくれるローン会社「アロー」

審査がどこも通らないが貸してくれるローン会社として有名なアローは、名古屋市内にある消費者金融です。

「融資までの時間が短い」「貸し付け金額が大きい」「対応が良い(良心的)」という声も目立ちますが、アローは過去の金融事故には寛大ですが、現在の延滞には厳しいです。

他の会社への返済を延滞中の方は先に延滞を解消してから申し込むようにしましょう。

審査がどこも通らないが貸してくれるローン会社「キャネット」

審査がどこも通らないが貸してくれるローン会社がキャネット。

キャネットは北海道、近畿、九州で営業している会社です。延滞中でも融資可能との噂もあるほど、最も審査が甘い金融業者の1つと言われています。

口コミでは「債務整理中でも可決してもらえた」「甘いと言われるよその金融業者に断られてもキャネットは可決してくれた」などと言う声が目立ちます。

審査がどこも通らないが貸してくれるローン会社「AZ株式会社」(旧:ケンファイナンス)

審査がどこも通らないが貸してくれるローン会社だったという声が聞こえるのが、AZ株式会社。

「債務整理中でも可決」「破産から6か月で可決」「融資までのスピードが速い」などの柔軟な対応を評価する声が目立ちました。

公式サイトでは「過去に債務整理をしているが大丈夫か」との問いに対して「大丈夫です」と返答していることから、金融事故を起こした方へも柔軟な対応をしていることが分かります。

この会社は旧バルファイナンスから債権譲渡され設立されたのですが、元々金融事故を起こした方や破産者にも柔軟に対応することで知られた会社だったので、その社風が引き継がれているのでしょう。

審査がどこも通らないが貸してくれるローン会社「アルコシステム」

審査がどこも通らないが貸してくれるローン会社との声が多かったのがアルコシステム。「破産から2年で可決」「免責から1か月で可決」と言った、金融事故を起こした方への柔軟な対応を喜ぶ声が目立ちました。

振込キャッシングの老舗としても有名で、公式サイトには「民事再生 自己破産、債務整理された方好評受付中」との記載があります。

ただし健康保険に未加入の方や、現在延滞中の方、未成年者は否決されるので注意しましょう。

それぞれの口コミは「ブラックでも借りられる2ch」の記事でまとめているので参考にして下さい。

口コミが出てこない無名の中小消費者金融には注意

中小消費者金融と呼ばれる無名に近い会社では、顧客に真面目にお金を貸すよりも弁護士に債務整理の案件として紹介した方が儲かるということで法律事務所を斡旋することもあるらしいです。

ブラック融資で来た人に露骨に言うと非弁行為で違法になるので、遠回しに住所と内容を告げて無料相談に行くように促すようです。弁護士の方も紹介されるのは違法なのですが、稼げない地方の弁護士も多く背に腹は変えれない心境なのでしょう。

2ch掲示板で何社かがそのような行為をしているとの噂で審査がどこも通らないが貸してくれるローン会社と謳っていて即日の融資をしないで、自己破産に導く悪徳商法だと叩かれています。

怪しいとか騙されるとか、法律を遵守しないで無茶を仕掛けてくることもあるので被害に遭遇しないように注意しましょう。

闇金から借りてはいけない

「絶対貸してくれる消費者金融」と検索すると、「ブラックの方でも100%融資!」「多額の借金が合っても即日融資可能」とWEBサイトでうたっている消費者金融があります。
しかし、こういった広告を打ち出している消費者金融は全て闇金なので注意しましょう。

ブラックで審査がどこも通らないが貸してくれるローン会社

ブラックで審査がどこも通らないが貸してくれるローン会社が知りたい。

審査がどこも通らないが貸してくれるローン会社を見つけたら必ず登録貸金業者情報検索を行いましょう。

審査の際には必ず信用情報へ確認を行っている

「ブラックの人は審査に通らない」などとよく言いますが、ブラックとは、信用情報に金融事故の情報が記録された人を指します。
金融事故とは具体的に以下のような情報です。

  1. 自己破産
  2. 個人再生
  3. 債務整理
  4. 長期の延滞
  5. 強制解約
  6. 代位弁済

つまり、お金を法的な手段によって踏み倒したり減額した状態や、長期間借りたお金を返さなかった状態、カードや携帯電話などの契約を強制的に切られてしまった状態を示します。
このような人にお金を貸すことは貸し倒れのリスクがあるため、信用情報に記録を行い、各社が相互でブラックの人に注意できるような仕組みになっているのです。

【借りやすい中小消費者金融】今日中にお金を借りるための3つのポイント

審査がどこも通らないが貸してくれるローン会社で今日中にお金を借りるためには3つのポイントがあります。

  • 「審査時間」を重視して選ぶ
  • 希望額はひとまず10万円にしておく
  • 同時に申込むのは2社まで

「審査時間」を重視して選ぶ

審査がどこも通らないが貸してくれるローン会社は大手ほどコンピュータ化が進んでいるわけではないので業者によって1日~3日程時間がかかることもあります。

セントラルやライフティは最短30分のスピード審査ですし、アローも最短45分のスピード審査なので、今すぐお金が必要な方におすすめです。

このように審査時間が短ければ、審査結果がすぐわかるので最短の時間で現金を手にすることができます。

希望額はひとまず10万円にしておく

どうせキャッシングするならたくさん借りておこうと考える人もいるかもしれませんが、融資希望額は10万円くらいにしておくと審査に通りやすくなります。

というのも審査がどこも通らないが貸してくれるローン会社は借入希望額が多額になると審査に時間がかかる傾向があるからです。

どうしても10万円以上の借入を希望する場合は、必要な額だけを申込むようにしましょう。

審査結果の連絡で「○○万円までなら借りられます」と相談にのってくれる金融機関もあるので、まずはお金を借りることを目標に希望額を控えめにして申込むのがおすすめです。

同時に申込むのは2社まで

審査がどこも通らないが貸してくれるローン会社は、会社ごとに異なる独自審査なので、今すぐお金が必用なときは複数社に申込みをしたほうが、キャッシングできる可能性が高まります。

しかし、あまりにたくさんの会社に申込みをするといわゆる申込みブラックになってしまい、かえって審査に通りづらくなってしまいます。

審査の際は同時に2社、それ以上の申し込みは避けるのが懸命です。

審査がどこも通らないが貸してくれるローン会社でも通らなかったら債務整理

審査がどこも通らないが貸してくれるローン会社でも通らなかったら債務整理を検討しましょう。

債務整理をすれば審査がどこも通らないが貸してくれるローン会社の審査に通らなくても、借金の返済額を減らせるからです。

手続きの種類詳細
任意整理弁護士・司法書士が金融業者と交渉して、借金の減額や金利の引き下げをする手続きのこと。金融業者が認めれば、利用者は月々の返済負担を軽減できる。
個人再生
(民事再生)
裁判所に申し立てをして、借金を減額する手続きのこと。借入残高が5分の1程度まで減額できる傾向がある。
自己破産裁判所に破産の申し立てをして、借金の返済義務を免除してもらう手続きのこと。手続き時、住居や自動車などの財産を手放す必要がある。

たとえば、個人再生を認められた人は、借入残高を5分の1ほどに軽減できる傾向があります。

ただし、債務整理をした人は5年~10年間信用情報に傷がつくため、住宅ローンや自動車ローンなどの審査に通りません。

債務整理を検討する人には、弁護士や司法書士などの専門家に相談しながら、今後の人生設計を踏まえて手続きを進めることをおすすめします。