昨今の情勢で審査殺到中!借りれなくなる前にお早めに!

↓↓成約率で選ぶならこちら!今一番熱い消費者金融↓↓

ぽちスマ君

あわせて読みたい
ブラックでも借りれる

サンクスダイレクトの審査の流れ

サンクスダイレクトで審査落ちしないための最低条件は以下の通りとなります。

  • 定期的な収入と返済能力を有する方
  • サンクスダイレクトの審査基準を満たす方

サンクスダイレクトはWEBサイト内の専用申込フォームからお申込頂ければ、後は基本的に電話が折り返し掛かり手続きが進みます。

  1. サンクスダイレクト公式ホームページにアクセス
  2. 審査項目を入力
  3. 申込み完了後、申込・受付完了メールが届く
  4. 審査結果の回答(電話もしくはメール)

↓↓穴場の超優良消費者金融を今すぐチェック↓↓

サンクスダイレクト

審査での必要書類は本人確認書類、収入証明書

  • 運転免許証
  • パスポート
  • 住基カードまたは個人番号カード(マイナンバーカード)
    ※外国籍の方は、在留カードまたは特別永住者証明書が必要です。

個人番号(マイナンバー)が記載されている本人確認書類または収入証明書類などを提出する際は、個人番号(マイナンバー)が記載されている箇所を見えないように加工して、提出しましょう。

また収入証明書は最新の給料明細2か月分でOKです。

サンクスダイレクトの在籍確認

多くのキャッシングと同じくサンクスダイレクトも職場への在籍確認は必須となっています。

これは大手消費者金融でも銀行キャッシングでも同じこと。もしも同僚が電話に出たとしても、担当者は社名を告げることなく、会社に電話して在籍だけを質問します。

もしあなたが席を外していたとしても同僚が「席を外しております」などと言えば、在籍は確認されたのでこれで終了です。

キャッシングの審査はその人の返済能力の有無を見る

サンクスダイレクトのキャッシング審査のポイントになるのはオーソドックスにこの5つ。

  • 年収
  • 勤務先、勤続年数
  • 雇用形態
  • 居住形態、居住年数
  • 個人信用情報

サンクスダイレクトに限らずキャッシングの審査で何を見たいかと言えば、返済能力の有無です。

融資基準はキャッシング各社によって異なりますが、ある一定の審査基準に達したら「融資可能」。

逆に基準に満たなければ、審査落ちになります。

それを確かめるために、審査ではありとあらゆる項目を様々な方向から検証しているのですが、サンクスダイレクトの審査についてもう少し詳しく見ていくことにしましょう。

審査で大事なのは収入の大小ではなく安定度

サンクスダイレクトの審査で大事なのは収入の大小ではなく収入の安定度だと言われています。

  • 今月はアルバイト収入が30万円あったけれども来月以降は仕事があるか分からないAさん
  • 毎月5万円のアルバイト収入が確実にあるBさん

この2人を比べてみると、今月だけの収入ではAさんがBさんの6倍もありますが、来月以降が分からないのでは「きちんと返済」することが約束できず「返済能力に欠けている」ことになります。

対してBさんは少ないながらも毎月確実に収入があるので「きちんと返済」していける約束ができるので「返済能力がある」とみなされます。つまり収入の大小ではなく、その安定度が審査基準となるのです。

総量規制の影響は受ける

通常の消費者金融と同様で、サンクスダイレクトでも貸金業法が定める「総量規制」の影響はしっかりと受けています。

総量規制とは、消費者が返済能力を超えて無理なキャッシングをしないよう定められたルールです。

この総量規制の影響を受けてしまう消費者金融は、利用者の年収の1/3を超えた融資(貸付)ができないようになっています。

この決まりがあるため、収入がない無職の人は、貸付対象者に該当しないためサンクスダイレクトの審査に落ちます。

ですがサンクスダイレクトの貸付対象者には、雇用形態についての記載がありません。パートの主婦やアルバイトの学生でも、定期的な収入があればサンクスダイレクトの審査に通過できます。

インターネット申込の振込融資で全国対応可能

サンクスダイレクトの所在地は福岡になりますが、振込融資で全国に対応しています。
申込はインターネットで1年中24時間受付可能です。

また利用ユーザー情報では、九州地方にお住まいの方は特に審査で優遇されるため、審査が通りやすいと言われています。対象地域の方は要チェックです。

最短審査時間30分!即日融資対応

サンクスダイレクトでは契約書類は、融資をした後の送付となります。
振込が間にあう時間帯の申し込みであれば、申込をした当日の融資が可能です。

同クラスの中堅消費者金融の中でも、即日融資に対応していない会社は多いので、このことは大きなメリットと言えるでしょう。

自己破産・債務整理した方にも融資実績あり

自己破産や債務整理などの金融事故にも柔軟に審査を行っています。ただし、「他社延滞中」だけはNGですから、支払いが完了してからの申し込みをおすすめします。

改正貸金業法施行後は、いわゆる「総量規制」が導入されていますから、融資後の負債の増加には限りがあります。

現在、複数の消費者金融業者から借入がある多重債務者へ貸出しするよりも自己破産・債務整理などで過去の負債が清算されている方への貸出しの方がリスクは少ないとの判断からでしょう。

サンクスダイレクトで審査落ち(否決)するケースとは

サンクスダイレクトがいかにブラックOKといえど、残念ながらここに当てはまる場合はサンクスダイレクトで審査落ちしてしまう可能性が高いです。

  • 現在他社延滞中
  • 無職
  • 総量規制外(年収の1/3まで借りている)
  • 申し込みブラック
  • 虚偽申告

信用情報を取得すれば、半年の間にいつ何件申し込んだのか?が一目瞭然です。

問い合わせが多いということは「他も申し込みをしている」「多重債務者になる恐れあり」ということになります。

特に同日での申し込みは、他社も審査中ということです。過去の申し込みが多い場合も、原因があって契約できていない、という不安材料にもなります。

また、申し込みの際に自分をすこしでも良く見せようと年収を多く入力したり、他社件数の申告があるのに「なし」で入力することは、虚偽申告となりNGです。

信用情報を見ると、内容は全てわかってしまうので必ず正しい内容を入力しましょう。

サンクスダイレクトの場合、審査落ちの連絡は来る?

サンクスダイレクトは審査落ちの場合、電話もしくはメールが届きます。サンクスダイレクトでの審査結果が回答される時間帯は、平日9:00~18:00です。

審査結果が回答される時間内であれば、申し込みが混雑していないかぎり、最短30分で申込者にメールや電話で審査結果の連絡がきます。

審査時間(期間)に掛かる日数は?

サンクスダイレクトが審査を実施している時間は、平日9:00~18:00までです。

例えば朝7時に申込みをしても、審査結果が出るのは9時以降になります。また、18:00以降に申込みをした場合、審査回答が翌日になってしまう可能性が高いです。

土日の審査や融資は可能?

サンクスダイレクトの審査時間は平日9時~18時となっており、審査もこの時間にしか行われません。

土日には審査が行われないので、例えば金曜の18時以降にネットで申し込みをしても結果が出るのは最も早くて翌週の月曜日になります。

上記の営業時間内であれば、電話で審査状況を確認することができます。

もし結果が出ている場合であれば聞くことができますし、審査中であればその旨が伝えられるので気になるならサンクスダイレクトに電話してみると良いでしょう。