ブラックでも借りれる

TRYフィナンシャルサービスの一次審査と二次審査

TRYフィナンシャルサービスの審査から融資までは以下のようなステップで進みます。

  1. 申し込み
  2. TRYフィナンシャルサービスによる審査が行われる
  3. 本人確認書類の提出や在籍確認
  4. 審査結果が出る
  5. 指定した口座にお金が振り込まれる

TRYフィナンシャルサービスと契約するには、大手消費者金融と同じような手順を踏まなければならないことが分かります。

↓↓新規業者で融資拡大中の噂あり【check】↓↓

TRYフィナンシャルサービス

あわせて読みたい

TRYフィナンシャルサービスのキャッシング審査はブラックOK

知名度の低い所なら借りれそう、というイメージがありますが、TRYフィナンシャルサービスはブラックNG。決して審査が甘くはありません。

TRYフィナンシャルサービスの審査のポイントになるのはオーソドックスにこの5つ。

  • 年収
  • 勤務先、勤続年数
  • 雇用形態
  • 居住形態、居住年数
  • 個人信用情報

TRYフィナンシャルサービスに限らずカードローン・キャッシングの審査で何を見たいかと言えば、返済能力の有無です。基準に満たなければ、審査落ちになります。

返済能力の有無を確かめるために、審査ではありとあらゆる項目を様々な方向から検証しているのです。

返済能力が足りないと判断されると否決・審査落ちる

TRYフィナンシャルサービスの審査に受かる人は、毎月の返済が無理なくできると判断された人です。

返済能力がない人に貸してしまうと、TRYフィナンシャルサービスは貸し倒れのリスクを抱えてしまいます。そのため、申し込み者に「返済する力」があるかどうかを審査であらかじめ確かめるのです。

TRYフィナンシャルサービスの口コミによると安定企業に長年勤務しており、過去にローンやクレジットカードでしっかりと返済ができていれば、否決・審査に落ちる可能性は下がるでしょう。

審査は自社で行っている

TRYフィナンシャルサービスの特徴と言えば、自社のみで審査を完結している点です。例えば、銀行のカードローンは審査は、審査の一部を保証会社に委託しています。

保証会社があなたの申し込み情報から返済能力を見極めて審査の結果を決めるといっても過言ではありません。

TRYフィナンシャルサービスの場合は、TRYフィナンシャルサービスが自社で審査を行っているため、TRYフィナンシャルサービスが決めた基準に達しないと審査に通過することができません。

返済能力が入力した情報から判断され融資が決まる

TRYフィナンシャルサービスで否決になるかどうかは審査申し込み時に入力した情報をもとに申込者の返済能力のチェックします。

年収や勤続年数といった情報から、申込者に「安定した収入があるか」「過去のローンの支払いでトラブルがないか」を確認して、それが返済能力とみなされます。

返済能力がTRYフィナンシャルサービスの条件に満たないと判断された場合は、TRYフィナンシャルサービスを利用することができません。

TRYフィナンシャルサービスの一次審査

大手消費者金融に比べるとTRYフィナンシャルサービスのような中堅・小規模の消費者金融は、申し込み内容が詳細なケースが多いです。

審査が行われている時間帯は平日の9:00〜18:00です。土日祝日でも申し込みはできますが、審査結果の連絡は週明けの翌営業日となるので注意しましょう。

なお、TRYフィナンシャルサービスは来店・電話・インターネット申し込みを受け付けています。

インターネット申し込みの審査の流れ

インターネット申込みは、トライフィナンシャルサービスの公式サイトから申込み情報を入力して送信すると審査が始まります。

パソコンはもちろん、スマホからでも申込みできますが、名前や住所、勤務先の情報、他社の利用状況など、約25項目ほど入力して、連絡希望日時を指定して送信します。

指定した日時にトライフィナンシャルサービスから確認の電話が入り、それから審査時間は最短30分で結果が出ます。

審査結果の連絡も電話で入る

トライフィナンシャルサービスの営業日は平日のみなので、土日祝日にネット申込みをすると、週明けの平日に審査が行われます。

審査に合格できれば、その後、郵送またはFAXで必要書類や契約書類を送って契約手続きが完了します。

この時、大手消費者金融のように書類をスマホで撮影してオンラインで送信する方法は対応していないので注意してください。

TRYフィナンシャルサービスの二次審査

TRYフィナンシャルサービスでは一次審査に通過したら、次は二次審査があります。

二次審査は、二次審査のようなもの。二次審査で実際に顧客に本人確認書類や収入証明書類を提出してもらい、申し込みフォームに入力されていることが本当かどうかを確認します。

TRYフィナンシャルサービスの審査での必要書類は?

TRYフィナンシャルサービスの審査では本人確認用に身分証明書と印鑑を求められます。

  • 必要書類
  • 本人確認書類(運転免許証、パスポート等)
  • 所得を証明する書類(源泉徴収票、給与明細書、所得証明書等)

本人確認書類は持っている1枚を提出すれば問題ありません。

専業主婦がTRYフィナンシャルサービスからお金を借りる場合は、TRYフィナンシャルサービスが用意する形式の配偶者からの同意書と、夫婦関係を証明する世帯の住民票などを提出することになります。

なお、TRYフィナンシャルサービスの在籍確認に関しては別記事にてご確認ください。

土日の審査や融資は可能?

トライフィナンシャルサービスの営業時間は平日9時~18時となっており、審査もこの時間にしか行われません。

土日には審査が行われないので、例えば金曜の18時以降にネットで申し込みをしても結果が出るのは最も早くて翌週の月曜日になります。

上記の営業時間内であれば、電話で審査状況を確認することができます。

もし結果が出ている場合であれば聞くことができますし、審査中であればその旨が伝えられるので気になるならトライフィナンシャルサービスに電話してみると良いでしょう。

TRYフィナンシャルサービスで否決・審査落ちしてしまう5つの理由

TRYフィナンシャルサービスで否決・審査落ちしてしまった理由は通過基準が公開されていない以上、具体的に知ることができないでしょう。

  • 安定した収入がない
  • 現在進行形の延滞
  • 在籍確認の電話が繋がらない
  • 他社借入が多い
  • 申し込みブラックになっている

しかし、これまで否決・審査落ちした人の傾向から、審査落ちの原因は以下の5つに絞ることができます。

安定した収入がない

TRYフィナンシャルサービスなどの消費者金融では、年収の高さよりも安定した収入があるかどうかを重視し、審査を行っています。

なかでも特筆すべきは勤続年数です。安定収入とは決まった金額を継続して得ていることを意味しています。

そのため、収入が途切れていたり上下していたりする場合は、安定収入と見なされません。

あくまで例ですが、年収が100万円でも毎月8万円ずつの収入があれば審査に通る可能性はあります。

しかし年収が120万円あっても日雇いだったり、不定期でしか振り込まれないとなると審査落ちの可能性はかなり高くなってしまうので気を付けてください。

ブラックも審査対象ではあるが生活保護受給者は不可能

TRYフィナンシャルサービスは、年金受給だけで生計を立てている人や個人事業主、専業主婦でも申し込むことができます。ですが、さすがに返す見込みのない「生活保護受給者」には貸付は行いません。

TRYフィナンシャルサービスの利用条件の中で特に重要視されるのは、「毎月継続的に安定した収入がある」ことです。

ですから、生活保護受給者や無職の人も同様にTRYフィナンシャルサービスでお金を借りることはできないので注意してください。

現在進行形の延滞は審査落ちする

ブラックに一度なってしまうと5年から8年は、登録された事故情報は消えないのがセオリーですが、大手消費者金融や銀行なら門前払いになることでも考慮してくれるのがTRYフィナンシャルサービスのメリット。

ブラックになってしまった人でも借りる事ができますが、現在借金を滞納してる人は、審査には受かるのが難しいです。

一度ブラックになったとしても、その後きちんと返済を行っていれば、借りることができる可能性はあるのですが現在進行形の延滞には厳しいので注意しましょう。

多重債務者は否決・審査落ちになる可能性大

中堅消費者金融のTRYフィナンシャルサービスは、審査時に申込者の他社借入状況もチェックします。

借入件数や借入金額が多いと、返済不能な多重債務者になる可能性が高いとみなされ、否決・審査落ちしてしまいます。

総量規制ギリギリだと通らない可能性大

TRYフィナンシャルサービスでは、年収が300万円の人だったら100万円までが限度額となっており、全ての消費者金融を合わせて100万円までしか借りられないということになっています。

年収の1/3を超える借り入れをしている場合や4件以上から借りている場合は、審査に通過するのは難しいでしょう。

なお、TRYフィナンシャルサービスでは年収の1/3を超える借り入れが可能なおまとめローンも用意してあるので、借金を1つにまとめたいという人は検討してみると良いでしょう。

申し込みブラックになっていると否決・審査落ちに

申し込みブラックになっているとTRYフィナンシャルサービスの審査で否決・審査落ちになります。

申し込みブラックとは、短期間に複数のクレジットカードやカードローン、キャッシングに申し込みんだ状態のことです。

「短期間に複数」とは、カード会社や消費者金融会社によって異なりますが、一般的に1ヶ月間に3社以上の申し込みで「申し込みブラック」扱いになると言われています。

消費者金融のTRYフィナンシャルサービスは他社と情報共有をおこなっているため、利用申し込み者が直近でカードローンに申し込んだ件数もわかります。

利用申し込み者が直近1ヶ月以内に3社以上に同時申し込みをしていると、否決・審査落ちの対象になるので注意してください。

申し込みブラックで否決になる理由

簡単に言えば短期間に複数の申し込みをする人は、「お金に困っていて、利用するだけして踏み倒すのではないか」と疑うことから、申し込みブラックという制度を設けています。

TRYフィナンシャルサービスなどの金融機関側も利用者が増えるほど利益が出る仕組みなので、審査に通したいのは山々なのですが、不正利用をする人や返済をしない人がいる以上、対策を取る必要があるのです。

虚偽申し込みは否決・審査落ちに

TRYフィナンシャルサービスでは、嘘をついてしまうと否決・審査に落ちてしまいます。

どうしても審査に通過したいという気持ちから、年収や勤続年数を多めに記載してしまう人が少なからずいます。

しかし、消費者金融のTRYフィナンシャルサービスは膨大なデータを保有し、他社と情報共有も行っているため嘘を見抜きます。嘘が発覚すると否決・審査落ちしてしまうので注意してください。

すでに退職した勤め先を記載したり、架空の会社で申込んだりしても、嘘は必ずバレます。

在籍確認の電話が繋がらないと否決・審査落ちに

在籍確認の電話が繋がらないとTRYフィナンシャルサービスで否決・審査落ちになります。

フリーローンの利用は「職についている」ことが条件です。そのためTRYフィナンシャルサービスは申し込み者が本当に企業に在籍しているか確認するために、職場へ電話連絡を行います。

しかし、電話自体が繋がらないのであれば、確認のしようがないため在籍確認はいつまでたっても手続きが進まず審査落ちしてしまう確率が高いです。

否決の連絡は電話?メール?

TRYフィナンシャルサービスの審査結果(可決・否決や利用限度額)は電話またはメールなど希望した方法で伝えられます。

審査通過であれば契約書が郵送されることになりますが、到着前でも振り込みでの借り入れをお願いすることができます。

これが通常の審査の流れですが、可決or否決の連絡が来ない・契約書が届かないなどの場合は速やかに電話して状況を知らせてもらいましょう。

大手カードローンより審査条件は広いかも

TRYフィナンシャルサービスの審査落ちの基準は、大手消費者金融と同じ水準の審査基準を設定していると利用者を確保するのに苦労するため、審査基準が大手よりも多少なりとも緩和されていることが予想されます。

TRYフィナンシャルサービスは他のカードローンではお金を借りることができないような人、つまり過去に返済トラブルなどで信用情報に事故情報(ブラック)が付いている人も審査対象にしています。

利便性は大手消費者金融に劣るものの、小規模業者ならではの柔軟審査を強みにしているローン会社と言えるでしょう。