ブラックでも借りれる

TRYフィナンシャルサービスの在籍確認

TRYフィナンシャルサービスの審査では必ず「審査」と「在籍確認」が行われます。

消費者金融は、誰にでも貸してくれるイメージがあるかもしれませんが、その人に返済能力があるのか厳しいチェックが行われます。

でもいざ、あなたが申し込みを行う際、こんな疑問がありませんか?

  • TRYフィナンシャルサービスの在籍確認の審査はどうなるの?
  • 派遣者金の場合、派遣先と派遣元どちらの会社に電話がいくの?
  • TRYフィナンシャルサービスで電話の在籍確認なしで借りるには?

今回はトライフィナンシャルサービスの在籍確認についての疑問をまとめて解決します。

↓↓新規業者で融資拡大中の噂あり【check】↓↓

TRYフィナンシャルサービス

あわせて読みたい

TRYフィナンシャルサービスの在籍確認とは

TRYフィナンシャルサービスの審査は一般的な消費者金融のカードローン審査と同じぐらいの基準です。正社員だから、派遣社員だからと特に厳しい甘いということはありません。

パート、アルバイト、派遣社員などで、年収が100万円以下でも審査に通ることがあり、過去に信用情報にキズがなく安定した収入があれば借りられる可能性は十分あります。

と、審査項目を入力しているときにある疑問が浮かぶと思います。

在籍確認はどうやって行われるの?

トライフィナンシャルサービスの審査工程に在籍確認がある

トライフィナンシャルサービスへの申し込み後には審査があり、あなたは借りたお金を返済できる人か見極めます。

トライフィナンシャルサービスの審査では、在籍確認という工程があります。これはあなたが本当に働いている人かどうかを確かめます。

トライフィナンシャルサービスに申し込む人の中には、返済できる見込みが無いのに、「働いているから返せます」と嘘をついて申し込む人が少なからずいます。

お金が返せない人に貸してしまうとトライフィナンシャルサービスは損をしてしまうので、あらかじめ審査・在籍確認を行い、その人が返済できる人なのかを見極めるのです。

在籍確認に誰も出ないとどうなるの?

利用者に連絡します。他の業者と変わらず、まずは利用者に再度電話番号、確実に出れる時間帯を聞く事でしょう。

その後指示された条件で在籍の電話をし、それでも確認が取れないのであれば、代わりに在籍確認が出来る書類の提出を求めます。

その提出も難しくなるのであれば、在籍確認が取れないと判断し、審査通過が出来なくなるという流れになります。

職場の同僚にはほぼ知られることはない

在籍確認の電話で、職場に知られることはほぼありませせん。

  • 会社名を名乗らない
  • キャッシングの要件を告げない
  • ごく短時間で完了する

トライフィナンシャルサービスには守秘義務があり、第三者に知られないような配慮を徹底しているのです。電話の所要時間も1分程度で、スムーズに完了します。

TRYフィナンシャルサービスの審査では派遣社員は派遣元を書く欄が

TRYフィナンシャルサービスの審査では派遣社員は派遣元を書く欄があります。いくら大企業に派遣されていても、派遣元の会社の規模が小さければ、派遣元の会社の社員として審査がされるからです。

したがってTRYフィナンシャルサービスの在籍確認は派遣先ではなく、派遣元、つまりあなたが登録している派遣会社に行くことになります。

在籍確認などの連絡に限らず、何かしらの契約や公的な連絡は「勤務先には派遣元の会社を申告し、在籍確認も派遣元の企業に対して行う」と考えておくと良いでしょう。

派遣元の在籍確認が厳しいと在籍確認が終わらない

TRYフィナンシャルサービスの在籍確認が不安という派遣社員は多いのですが、在籍確認の際、審査担当者がキャッシング会社の名前を出すことはまずありません。

これは貸金業法第21条5項という法律によって定められています。

そのため、職場の人にカードローン会社から電話だと気づかれる事はないのですが、「~さんはいらっしゃいますでしょうか?」というTRYフィナンシャルサービスからの電話に対して、派遣元が

「申し訳ございませんが、個人情報保護法により、お客様や社員の個人情報を漏らすことができない決まりになっています。」などと回答する場合があります。

その為、TRYフィナンシャルサービスでは「派遣先」の電話番号も同時に記入してもらうことで在籍確認をスムーズに終わらせる工夫がなされているのです。

職場に気づかれない為のフレーズ集

この場合、最も簡単な解決策は電話を取りそうな担当者に在籍確認の電話がある旨を伝えておくこと。

「そんなことしたらTRYフィナンシャルサービスに申し込んだことが派遣元の担当者にばれるのでは?」と思うかもしれませんが、上記の通り在籍確認の電話は担当者の個人名で個人的な要件としてかかってきます。

社名やカードローン名など、借り入れに関する単語は法律で一切禁じられているため、絶対に発言されません。

それを逆手にとって、電話に出そうな人にあらかじめ「保険の契約やクレジットカードを契約したため、その確認のための電話連絡が入る」などの説明をしておけば、お金を借りることを疑われずに在籍確認の電話連絡を受けることができるのではないでしょうか。

  • 保険の契約
  • 知り合いから
  • クレジットカードの在籍確認

いずれかの言い訳を事前に用意しておけば大丈夫です。本人都合で電話連絡が入ることを事前に説明しておけば、基本的に派遣元も柔軟な対応をしてくれるケースが多いです。

職場にはTRYフィナンシャルサービスからどんな風に電話がかかってくる?

TRYフィナンシャルサービスからどんな在籍確認の電話がかかってくるのか。会社に借金の申し込みがバレるのではないか。

仮に、自分自身がTRYフィナンシャルサービス担当者からの電話連絡を受けることができなくても、『〇〇(顧客の名前)は今、席をはずしております』など、申込書に記載した職場にきちんと在籍していることが分かれば、在籍確認の電話連絡はその時点で完了となります。

もしあなたが席を外していたとしても同僚が「席を外しております」などと言えば、在籍は確認されたのでこれで終了です。

TRYフィナンシャルサービスの在籍確認は、派遣・パート・正社員に限らず驚くほど呆気なく終わります。
ここまで「TRYフィナンシャルサービス」の社名は一切出てきません。

TRYフィナンシャルサービスの在籍確認は2~3分で終わる

TRYフィナンシャルサービスの在籍確認の電話は派遣元でも派遣先でもとてもスピーディーで、長くかかっても2~3分程度で完了します。

またTRYフィナンシャルサービスの担当者も、あなたが電話を早く切りたいことはわかっているので、より短時間に早口で在籍確認してくれます。

TRYフィナンシャルサービスはあなたのプライバシーに配慮した在籍確認を行ってくれるので安心して下さい。

TRYフィナンシャルサービスの在籍確認は職場・会社バレゼロ!安心して借りれる

TRYフィナンシャルサービスの在籍確認をまとめていきましたが、仮に、自分自身がTRYフィナンシャルサービス担当者からの電話連絡を受けることができなくても、『〇〇(顧客の名前)は今、席をはずしております』など、申込書に記載した職場にきちんと在籍していることが分かれば、パート・アルバイト・派遣社員でもTRYフィナンシャルサービスの在籍確認の電話連絡はその時点で完了となります。

もちろん、電話内容は十分プライバシーに配慮されているので、在籍確認から会社バレにつながることは基本ないので安心して下さい。